多言語に対応したseo対策


今となっては会社がseo対策のサービスを行っている事は多いと考えられます。国内向けのseo対策を行っている事が多いですが、クライアントの中には海外の検索エンジンにおいてseo対策を行ってほしいという依頼も中にはあるみたいです。

海外の検索エンジンにおいてseo対策をするには、多言語に対応している必要があります。seo対策の知識はもちろんですが、その国の検索エンジンの事情や使用されている言語についても詳しい必要があると考えられます。

外国語に対応させたいとなると、その様な会社を見つけるのが容易ではない事もあるかと思われます。しっかりと探して、対応してもらえる会社を発見しましょう。

seoで多言語対応はプラス

googleのアルゴリズムは各言語で書かれたコンテンツをすべて理解し順位を付けています。キーワードの多言語でのキーワードはどうも考慮されています。そのため多言語対応をすると元のキーワードの順位が上がることがあります。

これは単純にコンテンツのページ数が増えたからとは言えないようです。より多くの言語に対してコンテンツを作成することはseo的にもプラスなので必要であればやってみてはどうでしょうか?

seoのキーワード言い換え

seoでの「引き出物」と「引出物」や「引越し」と「引っ越し」は全くおなじではありません。googleのアルゴリズムによってはほぼ同一視する場合もありますが、そうでない場合もあります。最近の傾向では全く別ものとは言いませんが、異なっていると認識で評価しています。

そのため、それらのキーワードを同時に上げるにはそれぞれのキーワードが含まれる必要があります。それらを入れるとキーワードが入りすぎる可能性もありますので注意が必要です。この加減がアルゴリズムに依存するところなので非常に難しくなっております。

大阪でseoを依頼するなら

株式会社ヒューマンインテリジェンスジャパン
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
http://seo.human-intelligence.biz